【社交ダンス 身体のバランス】社交ダンスあれこれ金言集vol 47

今回はダンスだけでなく日常生活にも運動する時にもとても大切になる〈身体の軸・中心線〉と〈バランス〉について。

立位(立った状態)の場合、身体の重心を通る垂直な線が中心線となります。

私達は歩く・走る・跳ぶ・投げる・蹴る・組み合う、など様々な動きをしています。

身体を倒したり、捻ったりしても倒れないように立位時の中心線を保ち、全身のバランスを取ろうとしています。

より大きな動きや素早い動き、細かい動きなど、運動のパフォーマンスを上げるためには全身のバランスが取れている事が大切です。

自分ひとりであれば、バランスを崩すと直ぐに気がつきますが、二人で踊る社交ダンスは自分のバランスが崩れていて相手によりかかっていても気が付かないことも多々あります。(トラブルの原因のひとつですネ…)

また、社交ダンスは二人で踊りますので、一人だけでのバランスとはちょっと違う所がある事を知っておく必要があります。

みなさんが踊る前に、また踊りながらチェックしてるであろう 頭の位置やホールドは?、身体が緩んでない?、固くし過ぎていない?、ストレッチは充分?、体重の移動はスムーズ?、相手との位置関係は?、相手の重心を感じてる?、音楽を聴いてる?…

などの項目に加えて、自分の軸やバランス、相手の軸やバランスがどうなっているのかをぜひ一度確認してみてください。

次回は軸の見つけ方・意識の仕方の提案です。

人気のコンテンツ

ダンススペースオオヤLINE公式アカウントの登録はこちらから! 

LINE ID
ページのトップへ