【社交ダンス フォローの掟②】社交ダンスあれこれ金言集vol 21

お互いの右股関節の位置と背骨に注目!

ふたりが向かい合って、お互いの右股関節が重なる位置に立ってホールドしましょう。

両脚で相手の右脚を軽く挟んだ状態で、自分の背骨・センターラインが相手の身体の右1/4くらいの位置(右肩の真ん中辺り)になります。

自分の右脚を相手の両脚の間(相手の背骨の下・センターライン)に置く事でふたりの背骨の位置を合わせ易くなり、運動を上手く継続することができます。

ボールルームダンスはお互いが向かい合って、足腰の大きな筋肉を効率良く使って運動を続けなければならないので、この位置関係が崩れると大変です。

しかし、踊っていく中でクローズポジションだけでなく、プロムナードポジション・ウィングポジションなどの変化や脚の位置もインサイド・アウトサイドに変化しますので、位置関係が崩れる要素は満載です。

人気のコンテンツ

ダンススペースオオヤLINE公式アカウントの登録はこちらから! 

LINE ID
ページのトップへ