【社交ダンス テンポの国際参考基準】社交ダンスあれこれ金言集NO8

社交ダンス(競技ダンス)は種目によって1分間に演奏される小節数の国際参考基準があります。

例えば、2019年の資料では

ワルツ(28〜30)タンゴ(31〜33)

ルンバ(25〜27)チャチャチャ(30〜32)

となっています。

と言われても何だかピンとこないですよね…

ワルツを例にしてみます。計算しやすく〈1分間に30小節〉とすると、なんと ワルツの1小節は2秒!

1小節=3ステップとすると1ステップは何秒?

かなりのスピードですね。タンゴも同様に〈1分間に30小節〉とするとSは1秒、Qは1/2秒です。

皆さんが音楽にずれてる、とか音楽に合ってない、良く音楽を聴いて、とか言われる場合、

①音楽を聴く余裕が無い

②リズムを刻む,という意識が少ない

③良く聴いているけど身体の動きとリズムが上手く同調してない

という事が多いようです。

特に③の場合は、ちょっとした要領を身につけると気持ちよく音楽に乗れる様になります。(もちろん身につけるにはかなりの集中力と地道な練習も必要です。)

ぜひ、当スタジオの個人レッスン、グループレッスンでヒントを得て下さい。

スケジュールはこちら

人気のコンテンツ

ダンススペースオオヤLINE公式アカウントの登録はこちらから! 

LINE ID
ページのトップへ