【社交ダンスあれこれ】Vol.21~グループレッスン・団体レッスンの活用法~(伊藤)

個人レッスンのように、自由に種目を選んだり、内容を選べないのがグループレッスンです。

勿論、個人レッスンのように先生を独占することは出来ません、笑

 

しかし、Vol.18でお話したように個人レッスンに比べるとレッスン時間も長く、お得な価格に設定されています♪ 

 

グループレッスンや団体レッスンは自分以外の方もいますので、実際踊ってる様子を間近でみれるメリットがあります。

 

個人レッスンですと、『はい、やってみて』っと言われても、完成形が分からず出来ない、、、( ;∀;)これであってますか???

な~んて事もあります。

 

グループレッスンでは先生以外にも参加者同士とも踊るので、実践練習が出来ます!(^^)!

 

ほら、実際ダンスタイムなどでは素人同士踊るでしょ?

そうなると、同じステップでもお相手の経験度だったり、身長だったり、言いにくですが(笑)体系だったりで、出来たり、出来なかったりがある訳ですよ。

 

それを色々なパターンで練習するならグループレッスンや団体レッスンがおすすめです♪

 

自分が間違っていて出来ないのか。

相手が出来ないから上手く踊れなかったのか。

カップルバランスが良いと踊りやすいなぁ~と実感できたり♪

男性であればリードの練習になります(*^^)v

女性もフォローの練習になります(*^^)v

 

男性・女性とも、ステップごとに役割がありますから、『先生に踊らされて、できたように勘違いしてしまう』個人レッスンより勉強になると思います(*^▽^*)

 

また、グループレッスンではルーティンを覚える事も出来ますので、男性にとっては様々なステップの組み合わせのバージョンが覚えらます♪

 

レッスン内容は個人個人にはアドバイスが出来ないので(時間の都合もありますからね)よくある間違い、失敗を『しない事』がベースになる事が多いです。

 

ステップ、足の出す位置を間違えない。

みんなが同じ方向へ進める(移動できるよう)回転量などを合わせる(覚える)。

カウント・音楽に合わせる。

ホールドキープ!

下を見ない!!笑

  

っとは言え、出来ているか間違っているのかに気づかない事も多々、、、

なにせ、誰しも間違ったことをしようとは思っていませんし、ベテランな方ほどど!!本人は『やってるつもり』ですから、笑

 

人気のコンテンツ

ダンススペースオオヤLINE公式アカウントの登録はこちらから! 

LINE ID
ページのトップへ