【社交ダンスあれこれ】Vol.19~今更聞けない。先生によって料金が違うのはなぜ?~(伊藤)

 

さてさて、先生によって、なぜ料金が違うのでしょか?

その違いって何なのでしょうか?

 

社交ダンス界のレッスン料の設定は、基本的には『選手時代』の成績によるのもであります♪

競技会へ出場しますと、D→C→B→A→SAっとクラスが貰えます。

 

Dクラスからスタートし、各クラス戦を勝ち抜きA級を目指すのです(*´ω`)

 

各スタジオやお教室によって料金設定は多少違いますが、多くは

例)

見習いの先生(競技会デビューを目指している)は6枚

Dクラスの先生はチケット7枚。Cクラスは8枚。Aクラスは10枚。

っとA級に向かって料金がお高くなるのです(*^-^*)

 

競技会を勝ち抜くには技術や表現力、勿論ダンス知識が必要な訳で、クラスが上がるに連れそれらが備わっている事となり、豊富な経験、知識による的確なアドバイスやテクニックによるレッスンを受けることが出来ると言う訳です♪ 

 

また、教師試験もあり、プロの競技会へ出場れていない方、現役選手を引退された方などは、その教師資格のレベルにあわせ、レッスン料を設定する事もあります。

 

っとは言え、競技会へはお相手がいないと出場出来ません。

高い知識があっても競技会へ出場できない先生もいらっしゃいます。

 

クラスは低くても豊富な知識を持っている先生もいらっしゃいます。

 

クラスなんて関係ないわ、あのルックスが素敵♪

踊っているのを見て素敵だったから、あの先生に習ってみたい♪

お友達が薦めてくれるので、、、

っと、先生を選ぶ基準は人それぞれ(笑)

 

あ、今回は『料金の違いは何!?』のお話でしたね(*^-^*)

 

社交ダンスを習うにあたり、先生を選ぶのはホント大変なこと。

 

先ずは、何より『続けられること』が大切です。

 

通う時間・通える地域・そして継続し通える予算

 

灯台下暗し! 

 

もしかしたら、近くに良い条件の良い先生がいるかも知れませんよ~笑笑

人気のコンテンツ

ダンススペースオオヤLINE公式アカウントの登録はこちらから! 

LINE ID
ページのトップへ