社交ダンスあれこれVol.2~レッスンと練習~(伊藤)

こんにちは♪

 

今日も踊って来たのですか?

 

よくそんな風に聞かれ、なんと答えようか?と、とても迷う事があります、笑

学校の先生に「今日も勉強してきたのですか?」とは聞かないとおもうのですが、ダンスともなると別なのでしょうか?(*´▽`*)

 

さてさて『私たち』の中では「レッスン」と「練習」の言葉を使い分けしています。

 

〇レッスン

自分がコーチャーに教わる場合、レッスンを受けると言います。

また、生徒さんに教える場合はレッスンをする。と言います♪

ま、普通に仕事をするとも言うかな、笑

っと言うとこで、踊る相手が先生だったり、生徒さんだった場合にはレッスン

又は、お金が発生する場合に使うかも、笑

 

〇練習

習って来たことの復習、競技会の為の踊り、デモンストレーションの打ち合わせ等をする場合、練習と言います。

っと言う訳で、相手がリーダーの場合は練習!

 

これが、生徒さんの中では様々で

お稽古、レッスン、練習、習い事、、、

皆さんは普段どんな表現を使っていますか?

 

ダンスを教わる=ダンスを練習している

との考えもあり、上手く会話が絡まないこともしばしば、笑

 

ちなみに、

先生も習うのですか?

っと聞かれる事もあり、これまた何と答えようか迷う事もあったり、なかったり、笑

「日々鍛錬」ですからね♪(*^-^*)

旬な踊りを知る事も大切ですし、基本動作の確認だったり(←やっぱり第三者に見てもらう事は必要と考えますし)なんと言っても社交ダンスは二人で踊るものですから、男女それぞれの役割や動きを知る事で2倍!覚える事があり、更に、更に!10種目ある訳ですからね~

 

ダンスはそんなところがまた楽しさのひとつでもありますよね(*^^)v

 

人気のコンテンツ

ダンススペースオオヤLINE公式アカウントの登録はこちらから! 

LINE ID
ページのトップへ